筋力トレーニングと併用して走る

筋力トレーニングに走りを併せる

筋力トレーニング,走る

 

筋トレとランニングを併せて行うメリットは、脂肪を効率良く燃焼させる事が出来ることです。筋トレを行うと体内で成長ホルモンが分泌されて、成長ホルモンが増える事で身体に溜まっている脂肪を燃やしてくれます。筋トレを行った後にランニングを行うと、成長ホルモンの関係で脂肪を更に燃焼させる事が出来ます。

 

筋トレの前に5分間ランニングを行って血流や心肺を整えてから、筋トレを行ってその後にまたランニングを行うと効果を最大限に出来ます。相乗効果が見込めて、脂肪を燃焼する事が出来て肉体改造やダイエットに費やす時間を短縮できます。

 

心拍機能が強化されるので、継続した運動が可能になります。筋トレ中に身体にストレスを与える事で、緊張した身体をほぐしてくれます。精神的にもリフレッシュ出来るが、ランニングをゆっくりと行うようにします。早過ぎると身体にストレスをかけてしまうので、リフレッシュ効果が期待出来なくなってしまいます。

 

継続したトレーニングを行うためにも、ランニングを行うようにします。一緒に行う時のポイントは、大きな負荷で筋トレを行う事で身体の脂肪を燃焼しやすい状態になります。筋トレのインターバルを少しにすると、有酸素運動並みの心肺や脈拍を高く出来ます。

マラソンに筋力トレーニングを入れる

筋力トレーニング,走る

 

マラソンに筋トレを取り入れる理由には、怪我の予防があります。長距離を走るためには、筋トレを行って足や膝を守って筋肉を付けて怪我の予防をします。身体が軽い方が負担も軽くなるので、マラソンには向いています。大腿の筋肉を鍛える事で、長い時間走り続ける事が出来るようになります。

 

大腿は日常生活では鍛える事が出来ないので、筋トレを行って鍛えるしかないです。長く走れる基礎体力を付けるために、筋トレを行います。マラソンは走っている時には、足だけではなく姿勢も速さに左右します。長時間姿勢を保つには、インナーマッスルを鍛える事が大切です。

 

インナーマッスルの1つに腸腰筋があるが、骨盤を支えて体幹の安定感を増す役割があります。安定する事で疲れにくくもなり、長時間走れるようになります。走る時に使われる筋肉は大腿四頭筋やハムストリングや腹直筋等沢山あり、脚力をアップさせるには大腿を引き上げる力と足を前に出す力と地面を蹴る力と姿勢を保つ力を高める事です。

 

ランニングをするのに必要になる筋肉が鍛えられていると、正しい姿勢で疲労感が少なくなり走り続けられるようになります。筋トレを行う事で、良い結果を出せる事に繋がります。

筋力トレーニングとランニングの関係性

筋力トレーニング,走る

 

有酸素運動であるランニングと筋トレを組み合わせて行うと、ダイエットや健康に良い効果を得る事が出来ます。筋トレで筋肉を増量すると基礎代謝が上がり、カロリーを消費しやすい体質になります。無駄な脂肪を落とすには、有酸素運動を行ってもっとカロリー消費をしないといけないです。

 

体脂肪は中性脂肪として体内に蓄えらえていて、脂肪を落とすには中性脂肪を分解してエネルギー源を燃焼出来る状態にする必要があります。そのためには、成長ホルモンやアドレナリンやノルアドレナリンが用いられます。成長ホルモンの分泌は筋トレによって筋肉が疲労すると、乳酸が溜まって脳下垂体から成長ホルモンを出すように刺激をします。

 

筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されて、中性脂肪を燃焼しやすい状態に分解します。大量のエネルギーが必要になる有酸素運動であるランニングを行うと、効率良く脂肪を燃焼出来ます。ランニング等の有酸素運動は消費カロリーが高く、体脂肪を燃料するには欠かせないです。

 

運動する事で摂取カロリー以上にカロリーを消費すると、補うために体脂肪が使用されます。脂肪を減らしたいが、カロリー消費量の増加になる筋肉量は減らしても良いです。筋トレを行い筋肉量を増加して、ランニングで脂肪燃焼をすると筋肉は減らす事なく脂肪のみを減らせます。

 

効率良く脂肪を燃焼するには、筋トレを行ってからランニング行うようにしましょう。

バルクアップHMBプロサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく痩せたい方はトップページのバルクアップHMBプロサプリも確認してみてください。