筋力トレーニングを継続するコツ

筋力トレーニングを継続するコツ

筋力トレーニング,継続,コツ

 

筋トレを継続するコツは、正しい方法で行う事です。回数を行ったり重い物を扱ってトレーニングをしていても、その場限りになって効果がないです。回数だけをこなしていても効果が出ないと、モチベーションが下がってしまい続かなくなります。

 

このためにも、筋トレの正しいやり方で適切な回数を行うようにします。筋トレには栄養素が大切で、筋肉を作るにはプロテインを摂取するのが効果が出ます。栄養管理を怠ると思考回路が低下するので、考え方がネガティブになります。

 

モチベーションが続かなくなり、筋トレが続かなくなる負のサイクルに陥ります。ただ筋トレを行うだけではなく、栄養管理も大切です。筋トレはトレーニング後の回復が大切で、一般的には48から72時間必要です。このため同じ部位の筋トレは、毎日行う必要はないです。

 

適切な休息を入れるようにしていく事が、継続するのに重要です。どんな事でも言える事になるが、習慣化する事です。一定の習慣を作るサイクルを整えるのが大切で、習慣化されていないとサボるとその後に再開するのが億劫になります。

 

反対に習慣化されている時に、1度でもやらないと不快になります。筋トレの目標を高く設定しない事で、身体を無理させてしまう事になるからです。適切な目標設定をして行うと、続けて出来るようになります。

筋力トレーニングを毎日行う効果

筋力トレーニング,継続,コツ

 

筋トレを毎日行うメリットは、スケジュールを上手く組む事で効率的に鍛える事が出来るところです。身体の特性と時間の活用を上手くすると、効果的な筋トレに繋がります。そして肉体増強の効果を最大限に活かせて、時間を有効活用出来て効果のスピードアップも出来ます。

 

毎日行うデメリットは、目的的とは逆効果になる場合もあり筋肉の回復と成長が追いつかなくなります。パフォーマンスが落ちて軽い負荷や低強度になりやすく、腹筋の場合は脊柱起立筋の回復が間に合わなくなります。

 

この事から、筋トレを行う目的によってメリットにもデメリットにもなります。このため週に何回行うのが理想的になるのかも、目的によって異なります。毎日行いたい人は、工夫をする事で効果的に行えます。それは日ごとに鍛える部位を変えていき、負荷を強くしてトレーニングを行った部位は最低でも1日休ませます。

 

この時に重要なのが超回復と筋肥大のための負荷で、筋肉を成長させるためには大切なポイントです。部位を分ける事で、パフォーマン力を低下させる事がなくなります。筋肉痛を回避する事で、筋肉の回復を邪魔しないようにします。

 

超回復の期間を短くする事で、それには適切なタイミングで栄養補給をします。筋肥大が起こる負荷で筋トレを行う事が大切なので、低負荷で毎日筋トレを行っていても効果が出ないのです。

筋力トレーニングを連日行うには?

筋力トレーニング,継続,コツ

 

筋トレは2日おきにして、1日休むのは常識になってきています。しかし全ての人に当てはまる事ではなく、筋肥大を目的にしているならこの方法で良いです。超回復とは、筋トレで破壊された筋肉が同じ負荷で筋トレを行っても筋肉が破壊されないように前以上の筋肉が付くように回復させる事です。

 

筋肥大を目的にしていると、筋肉を休ませる期間がないです。これでは筋肉は壊れたままなので、疲労が蓄積されて怪我の原因になったり筋肉が落ちたりする場合があります。筋肥大を目的にしている場合は、毎日行わない方が良いです。

 

ダイエットや健康目的の場合は、軽い筋トレなので毎日行っても問題ないです。初心者の場合は特に毎日行うのがお勧めで、毎日行って習慣化するようにします。ただ疲労は蓄積されるのえ、週1回は休みを入れるようにするのが良いです。

 

筋力を早く付けたい人には、鍛える部位を変えていくようにします。筋肥大させるために高負荷な筋トレを身体全部を行っていると、何時間もかかってしまいます。上半身を鍛えた次の日は下半身を鍛えるようにしていくと、下半身を鍛えている時に上半身の回復をする事が出来るようになります。

 

このようにすると、高負荷の筋トレでも毎日行う事が出来ます。腹筋は回復力が早いので、他の部位に比べると頻繁に行っても問題ないです。

バルクアップHMBプロサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく痩せたい方はトップページのバルクアップHMBプロサプリも確認してみてください。