メインイメージ画像

歌手になるために受けるオーディションの利用方法について

コネや世襲などで無い限り試験や面接で決まる仕事がだいたいですが、中には明確なルートが存在しない職業もあります。俳優や歌手など特殊な仕事がそれに該当しますが、才能が大きな影響を与える世界では、特定の方法だけでなく多くの道が存在します。でも、そうした中でも王道と言えるルートが存在しますが、歌手の場合、王道と言える方法としては一般的にはオーディションです。


歌手を目指す人はたくさんいらっしゃいますが、レコード会社やタレント事務所では定期的に新人オーディションを開催しています。あまり一般の目に触れる機会の少ないこのようなオーディションの情報ですが、新人の歌手専門の交流サイトや音楽系の雑誌などには定期的に広告が出されているので、どんな時もアンテナを張ってオーディションの情報を調べる必要があります。
ここで、歌手としてデビューを目指すならばオーディションの種類も選ぶべきです。

レコード会社によって求める歌手の種類というものは大きく異なります。シンガーソングライターを売り出したいともくろむレコード会社や、ビジュアル重視のレコード会社などいろいろな方向性があるので、募集内容やこれまでの合格者の傾向を見てからオーディションに挑戦しなければ、希望のデビューは難しくなります。もちろんより好みしてもデビューの機会は減ってしまうのですが、やはり不本意な審査基準で落とされてもコストと労力の無駄なので、事前にしっかりと審査を行った上でオーディションを受けて下さい。

こうしたオーディションの情報をさらに深く知るためには、SNSなどの交流サイトを推奨します。SNSに寄せられた今までのオーディションの参加者などから、審査方法や基準など様々な情報を聞くことが出来るので、前もって傾向と対策を講じる上で有利な情報を手に入れることが出来ます。
このように歌手になる手段として王道とも言えるオーディションですが、才能が求められる世界なのでもちろん審査方法もシビアなものになります。